【結論】トムよりもジェリーよりもクロエが可愛い!!

『トムとジェリー』(2021)の感想、解説をしていきます!

『トムとジェリー』(2021)の評価

項目 評価
知名度
配役/キャスト
ストーリー
物語の抑揚
トムジェリ度
おススメ度
スポンサーリンク

『トムとジェリー』(2021)の作品情報

製作年 2021年
原題 Tom and Jerry
製作国 アメリカ
上映時間 101分
ジャンル アニメ、ファミリー、コメディ
監督 ティム・ストーリー
脚本 エリック・グラヴィニング、マイケル・H・ウェバー、スコット・ノイスタッター
主要キャスト トム(本人)

ジェリー(本人)

クロエ・グレース・モレッツ(ケイラ)

マイケル・ペーニャ(テレンス)

『トムとジェリー』(2021)の概要

とあるニューヨークの一流ホテルで、世界中が注目するセレブカップルの「世紀のウェディングパーティー」が行われることに。
ホテル中が準備に追われる中で、ある事件が起こる――あのいたずら好きネズミのジェリーがホテルに引っ越してきて大騒ぎ!
新人スタッフのケイラは急遽“ネズミ対策”で猫のトムをボーイとして雇うが、トムとジェリーはニューヨーク中を巻き込んだ壮絶なおいかけっこを繰り広げ、ついには“ある陰謀”に巻き込まれてウェディングパーティーを台無しにしてしまい―――。
クビになってしまったケイラのため、そして新郎新婦のため、ふたりはタッグを組むことに。
はたしてトムとジェリーは、最高のウェディングパーティーを開くことができるのか!?

Filmarksより引用


『トムとジェリー』(2021)のネタバレ感想

あー、面白かった!

頭を空っぽにして観れる映画を探してたのです。

この作品を選んで正解でした!

アニメの世界が現実世界と融合したことでトムがひどい目に合ってる姿が妙に痛々しかったり、せっかく用意したケーキや食べ物が台無しになるところに心が痛んでしまったけれど。

この映画を成功に導いたのは、クロエの演技だと思います。

だってクロエ・グレース・モレッツめっちゃのびのび演技してるやん!

インタビューでも「トムとジェリーの大ファン!」と言っているクロエの言葉は嘘ではないですね!

コメディエンヌぶりを発揮したクロエ、私の中で効果度爆上がりとなりました。

クロエの活躍が凄すぎて、主演のはずのトムとジェリーが添え物になってる感は否めないけど、ポップでキュートな映画で大人も子どもも頭を空っぽにして楽しめる映画でした!

それに「猫へも差別しない」といった姿勢が、時代を反映していましたね。

社会派としての一面もあるぞということで。

個人的に、ホテルを追い出されたトムがソッコーげっそりした姿がツボでした。

あんな目の下にクマみたいなのできちゃって。

可愛そうなのに笑ってしまう。

誰にも聞かれたことないけど私はトム派です!

続編もお願いします!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事