【ジェシー・バックリーアカデミー賞候補になるか?!】『もう終わりにしよう。』(2019)あらすじとキャストについて
© 2020 Netflix, Inc.

『ワイルド・ローズ』(2018)でジェシー・バックリーの虜になったそこのあなた!!

おめでとうございます、Netflixで『もう終わりにしよう。』(2020)が2020年9月4日金曜日に配信されます!

監督を務めるのは、観る者を驚かせ、困惑させ感動させた『エターナル・サンシャイン』(2004)の脚本家として知られるチャーリー・カウフマンです。

自身初のホラー作品となるようです。

原作はハヤカワミステリ文庫から発売されていますよ。

要チェックやで!

 

 

主演は才能があふれ出て止まらないアイルランドの宝物、ジェシー・バックリーです。

共演は『へレディタリー』のトニ・コレット、『アイリッシュマン』のジェシー・プレモンス、さらに『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのベテラン俳優デヴィッド・シューリス。

メンバーが豪華&恐怖。

原作者である「イアン・リード」も制作に関わっています。

原作ファンも納得できる作品となりそうです。

彼との関係を終わりにしようと考えた彼女の身に、一体何が起きるのでしょうか。

スポンサーリンク

『もう終わりにしよう。』(2020)の作品情報

© 2020 Netflix, Inc.

製作年 2020年
原題 I'm Thinking of Ending Things
製作国 アメリカ
上映時間 134分
ジャンル ドラマ、ホラー、スリラー
監督 チャーリー・カウフマン
脚本 チャーリー・カウフマン、イアン・リード
主要キャスト ジェシー・バックリー(彼女)

ジェシー・プレモンズ(ジェイク)

トニ・コレット(ジェイクの母)

デヴィッド・シューリス(ジェイクの父)

『もう終わりにしよう。』(2020)のあらすじ

© 2020 Netflix, Inc.

付き合い始めたばかりの彼ジェイク (ジェシー・プレモンス) と内心ではもう別れを考えているものの、相手の両親に会うため、長距離ドライブで彼の実家の農場までやってきた主人公の女性 (ジェシー・バックレイ)。

吹雪のせいで帰るに帰れなくなった彼女は、彼の母親 (トニ・コレット)、父親 (デヴィッド・シューリス) と時間を過ごす内、彼のこと、自分自身のこと、果てはこの世界のすべてに対する確信が揺らいでいく...。

引用)Netflix公式

『もう終わりにしよう。』(2020)のキャスト解説

ジェシー・バックリー(バックレイなの?どっちなの?)

『ワイルド・ローズ』(2018)で主演した新星のジェシー・バックリーは、チャーリー・カウフマンの新作となる本作で主演を務めています。

2020年は完全にジェシーとフローレンス・ピューの年ですな!

完全にな!!

とにかく、ちょっとしもぶくれな感じがいいですよね。

素直じゃなさそうで。

フランシス・マクドーマンドのような俳優になっていくんだろうか。

ほんと楽しみです。

本作では付き合って6週間ぐらいの恋人の両親に会いに行く女性の役をしています。

付き合って日は浅いけど、すごく強く結びついた関係なのに彼女は「もう終わりにしよう。」という考えが頭を離れません。

言い出すことができないまま彼の両親に会うことになり、罪悪感を抱えています。

謎の男からの着信。

留守番電話に残されたメッセージ。

一体彼女は何を体験するのでしょうか?!

予告を観る限りホラーというより心理的サスペンスなんですかね。

チャーリー・カウフマンは脳内ものが好きだからね。

ジェシー・プレモンス

よく見ますね、この方。

一瞬マット・デイモンに見えなくもない…。

全世界がそう思ったはず。

だからどうしたと言われれば、何も言い返せないけどね!

テレビシリーズ「FARGO/ファーゴ」のシーズン2に出ており、共演したキルスティン・ダンストと婚約。

男の子のパパとなりました。

最近ではネットフリックスで配信中の「アイリッシュマン」にも出演しています。

今後は『ジャングル・クルーズ』などの大作でもお目にかかれそうですよ!

トニ・コレット

『ミュリエルの結婚』(1994)で私の周りを盛り上げ、ABBA人気の再燃に一役買った作品。

懐かしい!

そんなトニ・コレットは今でも映画界に引っ張りだこな貴重な存在です。

クセが強すぎ監督アリ・アスターの『へレディタリー 継承』では、わけのわからない内容ながら(オチも私には理解できなかった)、トニ・コレットの演技で観客を引きつけました。

Netflixオリジナル『アンビリーバブル たった1つの真実』ではメリット・ウェーヴァーと共演。

(8月公開の『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のケイトリン・ディーヴァーも出演しています)

今後も彼女が出ている作品は観なければ!と思える人です。

本作の演技はへレディタリー寄りか?

めっちゃ笑うやん。

ほんでウエイトレス姿めっちゃかわいいやん。

チャーリー・カウフマン/監督・脚本

製作や脚本で『エターナル・サンシャイン』、『アダプテーション』、『マルコヴィッチの穴』といった奇想天外なアイデアでありながら、普遍的な人の感情に寄り添った作風で才能を爆発させたチャーリー・カウフマン。

監督作は『脳内ニューヨーク』、『アノマリサ』です。

わたくしどちらも未見ですのよ。

花子、勉強不足だってよ。

でも『脳内ニューヨーク』面白そうね。

ミシェル・ウィリアムズも出ているし。

そんな天才脚本家の久しぶりの作品が本作『もう終わりにしよう。』です。

カウフマンの集大成と言っても過言ではない!と勝手に想像しています。

『もう終わりにしよう。』(2020)の予告

待ちに待った予告がついに解禁されました!

めちゃおもしろそうやん!!

わくわくが止まらへんやん!!

映像は美しくビビッドで、不穏で緊張感のある空気が漂っています。

一見明るいジェイクの両親。(トニ・コレットこわすぎ)

「ジェイクからあなたたちの話をよく伺っています」という彼女に対して「それなのに来たの?」とめっちゃ笑いながら言うのよ。

ジェシーよ、すぐに帰るんだ!と言ってやりたい。

そしてジェイクの実家に飾ってある写真。

なぜジェイクではなく彼女の写真が飾っているのか?!

売店の女性は「ここにいないといけない、先には行かないで」と言ってくるし。

ジェイクの実家の犬はずっと濡れているし。

言葉を生業としているジェイクの母親は言葉彼女の仕事を「物理」と「霊媒」を聞き違えるところが気になりますね。

霊的な話なんでしょうか。

廊下で踊り狂う男女は何の意味が?!

内容もさることながら、豪華俳優たちの演技合戦が面白そうですね!

期待度数100点!!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事